ニュース
ニュース
113 結果が見つかりました
検索条件を選ぶ
1 - 20 から 113 Results

世界をオレンジ色に:#HearMeToo ~私の声も聞いて~

2018年12月11日

UN Women が主導している国連事務総長の「 UNiTE to End Violence against Women ( 団結しよう。女性への暴力を終わらせるために)」の一環として、毎年 11 月 25 日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から 12 月 10 日(人権デー)までの 16 日間、世界各地で女性や女児に対する暴力のない明るい未来を象徴するオレンジ色に染める呼びかけを行っています。今年のテーマ 「 #HearMeToo ~私の声も聞いて~」 のもと、日本でも様々な活動が行われ… 詳細をみる

イベント開催:G20、女性活躍、そしてSDGsゴール5へ ~ジェンダー・ギャップを解消するために~

2018年12月6日

Photo: UN Women Japan ジェンダー・ギャップ指数が 144 か国中 114 位の日本 (2017 年 ) は、政府が女性の活躍に向けて取り組んで久しいものの、日本の各分野におけるジェンダー平等は、世界の水準からは遅れていると評価されているのが現状です。今こそ、 SDGs ゴール 5 のジェンダー平等と女性のエンパワーメントの実現のために具体的な取組を加速する時であるとして、政治、企業、市民社会、国際社会で活躍する人々が集まり活発な議論が行われました。   本イベントは、 ( 超党派 ) 女性活躍を国際的に推進する議員連盟、 UN Women 日本事務所、国連ウィメン協会、 SDGs 市民社会ネットワーク ジェンダーユニット、 2019 G20 サミット市民社会プラットフォームが共催となって行われ、約___人の参加者が集いました。   石川雅恵 UN Women 日本事務所は、パネルディスカッション「来年初の日本開催 G20... 詳細をみる

河野太郎外務大臣インタビュー

2018年11月29日

河野太郎外務大臣 Photo:  Ministry of Foreign Affairs of Japan    日本は、ジェンダー平等と女性の エン パーメントのための国連機関である UN Women にとって、極めて重要なパートナーです。 UN Women と日本はともに、アフリカ、アジア太平洋、アラブ国家における人道危機対応や女性、平和、安全保障、暴力的過激主義の防止などに取り組んできました。また日本は、 UN Women の人道危機対応に関するフラグシップ・プログラム ※1 である LEAP ※2 ( Leadership, Access, Empowerment and Protection in Crisis Response )のチャンピオン国でもあります。 2017 年には、日本はおよそ 550 万米ドルのコア予算を含む、 2200 万米ドルの支援を UN Women に対して行いました。この UN Women... 詳細をみる

UN Women等4国連機関が共同声明「11月25日は『女性に対する暴力撤廃の国際デー』 身体的・性的暴力を経験、世界の女性の1/3以上 暴力の根本原因に取り組む長期的努力が必要」

2018年11月26日

11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に向けて、UN Women(国連女性機関)事務局長プムズィレ・ムランボ=ヌクカ、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォア、UNDP総裁アヒム・シュタイナー、国連人口基金(UNFPA)事務局長ナタリア・カネムは以下の共同声明を発表しました。 詳細をみる

UN Women/UNFPA共催「女性に対する暴力撤廃の国際デー」記念上映会を開催

2018年11月25日

11 月 25 日 ― この日は、国連が定める「女性に対する暴力撤廃の国際デー」です。世界中では女性の 3 人に 1 人が身体的、精神的、もしくは性的暴力を受けていると言われています。このような状況を打開すべく、国連は毎年 11 月 25 日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から 12 月 10 日(人権デー)までを、女性に対する暴力撤廃の 16 日間として定めています。本年 11 月 25 日、女性に対する暴力撤廃の 16 日間の開始を記念して、 UN Women は UNFPA と共催で、ノーベル平和賞受賞コンゴ人医師のドキュメンタリー映画「女を修理する男」上映会を開催しました。   「女を修理する男」は、 4万人以上の性暴力の被害を受けた女性たちを治療した功績で今年10月にノーベル平和賞を受賞した、コンゴ民主共和国出身の婦人科医デニ・ムクウェゲ医師による命がけの治療を追ったドキュメンタリー映画です。     映画上映の後、映画で語られていた印象的な言葉をもとに、トークセッションが行われました。... 詳細をみる

2018年11月25日、女性に対する暴力撤廃の国際デーにおけるプムズィレ・ムランボ=ヌクカ国連事務次長及びUN Women事務局長からのメッセージ

2018年11月25日

私たちは女性に対する暴力の真の程度をまだ知りません。加害者ではなく、サバイバーたちから生まれる報復への恐怖、信じてもらえない衝撃、恥辱は何十万もの暴力のサバイバーたちを沈黙させ、女性達がこれまで経験してきた恐ろしい体験の真の顏を隠してきました。 詳細をみる

第2回 HeForShe すべての人が輝く社会を目指して ~Generation Zからの提言~を開催しました

2018年10月20日

UN Women日本事務所は(株)資生堂と「第2回 HeForShe すべての人が輝く社会を目指して~Generation Zからの提言~」を開催し、高校生たちとともにジェンダー平等な社会に向けて何が必要なのかを考えました。 詳細をみる

勉強会を開催:TICAD開催にジェンダー視点を

2018年10月16日

10月9日(火)、UN Women日本事務所はアフリカ連合議員連盟及びアフリカ市民議会(CCfA)の協力を経て、国会議員の先生方とともに勉強会「アフリカにおける女性の経済的自立に向けて」を開催しました。 詳細をみる

農山漁村女性のための国際デー

2018年10月15日

農山漁村女性は、世界人口の4分の1を占めるといわれ、彼女たちは、私たちの食糧を育成し、経済の向上や気候変動から回復する力を築いてくれています。 詳細をみる

国際ガールズ・デーにおけるプムズィレ・ムランボ=ヌクカ国連事務次長およびUN Women事務局長からのメッセージ

2018年10月11日

国際ガールズ・デーは、世界の女の子たちにとって重要な日です。 この日は権利の保護、そして権利を主張するためにあり、たとえ困難であったとしても、熱心に耳を傾け、大いに声をあげ、現在まで続く権力の不均衡に立ち向かい、そして結束し立場を明確にするときなのです。 詳細をみる

2018年 国際ガールズ・デー

2018年10月11日

国連が国際ガールズ・デーとして定める10月11日、女の子たちが教育や訓練を受け、雇用されるような力を身につけることを目的として「With Her: A Skilled Girl Force」を今年度のテーマとして掲げています。 詳細をみる

プレスリリース:「SDGs and Her」コンペティションがニューヨークで開催されました

2018年9月25日

2018年9月24日、SGDs and Herコンペティション受賞者たちの祝勝会が国連総会ハイレベルウィークのサイドイベントとして開催されました。世界銀行(World Bank Group)、国連開発計画(UNDP)、UN Womenやウォートン・スクール・ズクリン・センター(the Wharton School Zicklin Center)が主催するコンテストは[...] 詳細をみる

2018年度国連総会におけるUN Womenの活動

2018年9月24日

第 73 回国連総会が、 2018 年 9 月 18 日よりニューヨークにある国連本部にて開会されました。 エクアドルのマリア・フェルナンダ・エスピノサ・ガルセス外相が過去 4 番目の女性の総会議長を務める中、 「全て の 人に関わりある国連をめざし て :平和で公正な,かつ持続可能な社会のためのグローバル・リーダーシップと共通の責任」というテーマのもと行われています。   この 2 週間は、政府や市民社会、専門家や活動家、著名人やその他のチェンジメーカーなど社会に貢献するリーダーたちが集結し、ジェンダー平等や貧困、気候変動やインクルーシブな都市化への取り組みなどについて議論します。ハイレベル会合は 9 月 25 日(火)から 10 月 1 日まで開催されます。   SDGs を採択して 3 年が経った今回の第 73 回国連総会は、各国にとってジェンダー平等へのコミットメントを更新し、 SDGs への進展を加速する機会です。最新の UN Women の主要レポート「約束から実現へ:持続可能な開発のための 2030... 詳細をみる

ジェンダーとは?

2018年9月21日

ジェンダー、性などの基本用語を解説します。 詳細をみる

【「多様性を重視する社会に」-バングラデシュ事務所石川祥子所長インタビュー】

2018年9月19日

石川祥子さんは、UN Womenの国別事務所で所長を務める唯一の日本人です。 ベトナム事務所で所長を務めた後、昨年8月からバングラデシュに赴任しています。そんな石川さんが日本に帰国された際、朝日新聞のインタビューに応えました。 https://www.asahi.com/articles/DA3S13668001.html 詳細をみる

「日本の若者よ、変革の主体となれ」UN Womenアジア・太平洋地域事務所、アナ・カリン事務局長臨時代行来日インタビュー

2018年9月3日

―UN Women (国連女性機関) アジア・太平洋地域事務所のアナ・カリン事務局長臨時代行の来日に際して、UN Women日本事務所のインターン生がインタビューをしました。 詳細をみる

レバノンにおけるシリア難民 360°VR体験

2018年8月21日

レバノンにおけるシリア難民 360°VR体験 詳細をみる

NHK 記事に石川所長のコメント掲載!

2018年8月17日

本日17日のNHK NEWS WEB「女の子だから? 大学進学も…」という記事中にUN Women日本事務所長 石川雅恵のコメントが掲載されています☺️ 詳細をみる

アンステレオタイプ・アライアンス設立から一周年を記念し、最新報告書を発表 「アンステレオタイプ:ジェンダーを超えて。 隠れたステレオタイプ」

2018年8月17日

アンステレオタイプ・アライアンスとは、ジェンダー平等と女性の権利のための国連機関であるUN Women(国連女性機関)により招集された、しばしば広告において恒久化している有害なステレオタイプを撤廃するための業界のイニシアチブです。カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルにおいてアンステレオタイプ・アライアンスの設立一周年記念にその主要な成果を祝いました。 詳細をみる

【日本経済新聞に石川所長の「私見卓見」掲載!】

2018年8月14日

本日の日本経済新聞朝刊「私見卓見」にUN Women(国連女性機関)日本事務所長石川雅恵が「男女平等の意識 世界に見劣り」という題で寄稿しております👀✨ 日本経済新聞オンラインのリンクはこちら:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34089320T10C18A8KE8000/ クレジット:2018年8月14日 日本経済新聞朝刊 #SDGs #SDG5 #genderequality #WEPs #女性活躍 詳細をみる

1 - 20 から 113 Results