ニュース
ニュース
87 結果が見つかりました
検索条件を選ぶ
1 - 20 から 87 Results

プロジェクトアシスタント募集(応募締切5/25 13時)

2018年5月21日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所でジェンダープロジェクトの補佐を担当するプロジェクトアシスタントを募集しています。応募締め切りは日本時間5/25 13時(米国時間EDT5/24 24時)。皆様のご応募をお待ちしております。 詳細をみる

UN Women日本事務所・現インターンの生の声(インターン募集中・5/16締め切り)

2018年5月11日

現在、UN Women日本事務所ではインターンを募集しています。(締め切り5/16)本日はインターンの業務やオフィスの雰囲気について紹介するために、インターン生のHさんにインタビューしてみました! 詳細をみる

安倍昭恵夫人、在ヨルダンの女性支援センターを訪問

2018年5月9日

現地時間1日、安倍昭恵内閣総理大臣夫人は、在ヨルダン・ザアタリ難民キャンプに設けられている女性支援センター「オアシス」(UN Women 運営)を訪問しました。 詳細をみる

UN Women(国連女性機関)セクシャルハラスメントやその他の形態の差別に関するエグゼクティブ・コーディネーター兼スポークスパーソン 、プルナ・センによるステートメント

2018年5月2日

世界中でおこる#MeToo運動により、ようやく聞こえ始めた女性の苦しみを痛感し、セクシャルハラスメント問題を専門とする、UN Women(国連女性機関)エグゼクティブ・コーディネーター兼スポークスパーソンのプルナ・センは、セクハラに対し声を上げ立ち向かう女性達を称える声明を出しました。 詳細をみる

UN Womenアジア太平洋地域事務所が、公開イベント「平和な社会の構築と暴力的過激主義の防止における女性の役割 ~ユーモア・コメディーを通じた平和な社会の構築~」を開催しました

2018年3月21日

UN Womenアジア太平洋地域事務所が、2018年3月1日に公開イベント「平和な社会の構築と暴力的過激主義の防止における女性の役割 ~ユーモア・コメディーを通じた平和な社会の構築~」を上智大学にて開催しました。 詳細をみる

2018年国際女性デー記念イベント HeForSheセミナー2018「 マインドセットは自分で決める~あなたはどんな生き方・働き方を選びますか~ 」を開催しました

2018年3月14日

UN Women日本事務所は、文京区、PwC Japan グループ、ユニリーバ・ジャパンとの共催により、2018年3月8日(木)に国際女性デーを記念としたHeForSheセミナー2018「マインドセットは自分で決める~あなたはどんな生き方・働き方を選びますか~」を開催しました。 詳細をみる

「今こそ行動を:女性の生活を向上させるために農村漁村及び都市部で活躍する活動家たち」

2018年3月8日

2018年のテーマは、世代を越えて、情熱とコミットメントにより女性の権利を勝ち取り、変化をもたらしてきた、活動家達の輝かしい人生をとらえます。私たちは女性の権利や平等、安全と正義についてのかつてない世界規模のムーブメントを祝い、このジェンダー平等のためのグローバル規模の前進の中核を担い続けた活動家達の精力的な運動を称えます。ジェンダーに基づいた貧困や暴力そして搾取の文化を終わらせ、持続可能な平等で新しい時代を実現しましょう。 詳細をみる

プレスリリース:UN Womenの新しいフラグシップ報告書、「約束を実行へ:持続可能な開発のための2030アジェンダにおけるジェンダー平等 (Turning promises into action: Gender equality in the 2030 Agenda for Sustainable Development)」

2018年2月15日

UN Womenは、新しいフラグシップ報告書、「約束を実行へ:持続可能な開発のための2030アジェンダにおけるジェンダー平等 (Turning promises into action: Gender equality in the 2030 Agenda for Sustainable Development)」を通じ、目標達成に向けて必要なアクションについて考えます。 詳細をみる

広告におけるジェンダーに基づくステレオタイプを無くしていく共同イニシアチブ:アンステレオタイプ・アライアンス

2018年1月8日

2017年6月20日にカンヌにて、プムズィレ・ムランボ=ヌクカ国連事務次長およびUN Women事務局長は、広告業界のリーダーと共にカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルに参加しました。そして業界に対して、ジェンダー平等の実現に向けたコミットメントを強化し、共同で広告におけるジェンダーに基づくステレオタイプをなくしていくよう呼びかけました。女性のエンパワーメントとジェンダー平等に取り組む国連機関の責任者として、今後もプムズィレ・ムランボ=ヌクカUN Women事務局長は、より革新的な女性の描写のための行動を働きかけ、変化を促進する業界の支援者を評価していきます。 詳細をみる

プレスリリース:あなたは#HeForSheですか?

2017年12月20日

あなたは# HeForShe ですか? 人間の連帯国際デーにあたって、 UN Women の HeForShe 世界運動は、男性に対してセクシャルハラスメント撤廃に向け抗議の声をあげるよう呼びかけます。 詳細をみる

「誰一人として取り残さない 女性に対する暴力を終わらせよう」

2017年12月18日

UN Women が主導している国連事務総長の「UNiTE to End Violence against Women( 団結しよう。女性への暴力を終わらせるために)」の一環として、毎年11月25日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から12月10日(人権デー)までの16日間、女性や女児に対する暴力のない明るい未来を象徴する色、オレンジ色に染める呼びかけを行っており、今年は世界各地において「Leave No One Behind - End Violence against Women and Girls(誰一人として取り残さない−女性に対する暴力を終わらせよう)」 をテーマに、様々な活動が展開されました。 詳細をみる

「誰もが暴力による脅威の無い人生を送れるように:誰一人として取り残さない」

2017年11月24日

世界中で一挙に#MeToo(私も)の声が広まったことに対する、当初の社会からの反応は、明らかになった性的被害や暴力の規模に対する怒りでした。ハッシュタグに賛同する無数の人々の訴えは、これまでそれらの声がいかに耳に届いていなかったかを示しています。次々と共有される告発により、議論が巻き起こり、責任は追及され、これまで弱みとみなされていた個人の訴えを補強し、確かな運動へと発展しました。 詳細をみる

ラクシュミ・プリUN Women事務局次長が東京で開催された国際女性会議WAW!(WAW!2017)に参加

2017年11月17日

ラクシュミ・プリUN Women 事務局次長が、11月1日から3日まで開催された国際女性会議WAW!(WAW!2017)に参加するため訪日しました。WAW!2017は、日本政府が世界中からリーダーを招集し、情報共有等を通じジェンダー平等及び女性のエンパワーメント推進に向けた努力強化を目的とした年次会議です。プリ事務局次長はクリスタリナ・ゲオルギエヴァ世界銀行最高経営責任者(CEO)と共に基調講演を行いました。 詳細をみる

加藤美和UN Womenアジア太平洋地域部長・事務所長が、国際基督教大学で開催された「国連アカデミック・インパクト公開イベント:ジェンダーと持続可能な開発目標(SDGs)」で基調講演

2017年6月1日

5月22日(月)、加藤美和UN Womenアジア太平洋地域部長・事務所長が、国際基督教大学で開催された「国連アカデミック・インパクト公開イベント:ジェンダーと持続可能な開発目標(SDGs)」で基調講演を行いました。 詳細をみる

加藤美和UN Womenアジア太平洋地域部長・事務所長が上智大学で講演

2017年6月1日

5月18日(木)、上智大学にて対話イベント「世界を話そう 国連事務所トップのソフィアン」加藤美和UN Womenアジア太平洋地域部長・事務所長が登壇しました。 詳細をみる

先住民女性の権利とアクティビズム

2017年5月9日

「UN先住民問題に関する常設フォーラム」年次総会は、4月24日から5月5日までニューヨークの国連本部で開催され、「先住民族の権利に関する国際連合宣言」採択十周年が祝われました。 詳細をみる

UN Womenが株式会社 資生堂と契約締結

2017年4月27日

UN Women (ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)(本部:ニューヨーク、プムズィレ・ムランボ=ヌクカ国連事務次長およびUN Women事務局長)は、株式会社資生堂(本社:東京、代表取締役 執行役員社長兼 CEO魚谷 雅彦)と、国内におけるジェンダー平等を推進するプロジェクトに関する契約を締結しました。 詳細をみる

女性の経済的エンパワーメントに関するハイレベルパネル 第二回目のレポート発表 女性のエンパワーメントは包括的かつ持続的な国際経済の核

2017年4月13日

「女性の経済的エンパワーメントに関するハイレベルパネル」(HLP)は、アントニオ・グテーレス国連事務総長に対し提言を示した二回目となる最終レポートを提出しました。本レポートに、女性の完全で平等な経済活動への参加を加速させるための具体的な活動が提示しました。また、本レポートは世界中にジェンダー不平等が根強く残っていることを認めると共に、構造的な障壁をなくすことでその不平等を克服することができると示しました。 詳細をみる

国連事務総長がヨルダンを訪問、第一の訪問先はザアタリ難民キャンプで UN Women が運営する女性センター

2017年4月5日

2017年3月28日火曜日、アニトニオ・グテーレス国連事務総長がヨルダンのザアタリ難民キャンプを訪問しました。今回の訪問は同月の 23 日から 29 日に行われるアラブサミットに出席するためのものであり、グテレース氏にとっては事務総長に就任してから初めてのヨルダンおよびザアタリ難民キャンプへの公式訪問となりました。 詳細をみる

国連女性の地位委員会は女性の完全で平等な経済活動への参加のための道筋を示しました

2017年3月30日

国連加盟国は3月24日(ニューヨーク時間)、持続可能な発展を達成するための重要なステップとして、女性の働く権利と職場における権利と同様に、女性の完全で平等な経済活動への参加とリーダーシップを保証することを表明しました。 詳細をみる

1 - 20 から 87 Results