女性に対する暴力撤廃の国際デー

「世界をオレンジ色に(Orange the World)」 -女性と女児に対する暴力撤廃へスポットライトをあてて-

女性に対する暴力撤廃の国際デーにおけるUN Women日本事務所の活動

日付: 2015年11月25日

UN Women が主導している国連事務総長の「UNiTE to End Violence against Women( 団結しよう。女性への暴力を終わらせるために)」の一環として、毎月25日を「Orange Day (オレンジ・デー)」とし、女児や女性に対する暴力根絶への行動と啓発を促す日としています。特に、毎年11月25日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から12月10日(人権デー)までの16日間、女性や女児に対する暴力のない明るい未来を象徴する色、オレンジ色に染める呼びかけを行っており、今年は世界各地において「Orange the World (世界をオレンジ色に)」を合言葉に、様々な活動が展開されました。

UN Women日本事務所のある東京都文京区では、11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」にあわせ様々な活動が実施され、UN Women 日本事務所も文京区と協力し、啓発・周知活動を行いました。

 

1.オレンジエコバックの配布

オレンジエコバック配布と女性に対する暴力撤廃メッセージを呼びかける文京区議会議員のボランティア
オレンジエコバック配布と女性に対する暴力撤廃メッセージを呼びかける文京区議会議員のボランティア Photo: UN Women/Shinobu Sekiguchi

UN Women日本事務所が設置されている文京シビックセンター館内では、文京区役所職員、富坂警察署、文京区女性団体連絡会、文京区区議会議員、NPO法人全国女性シェルターネットから多くのボランティアが参加し、UN Women日本事務所スタッフと協力して、女性に対する暴力撤廃を呼びかけるメッセージの入ったオレンジエコバックやグッズの配布キャンペーンを行いました。

成澤文京区長(中央)、岡田文京区女性団体連絡会会長(左)と福嶌UN Women日本事務所所長(右)
岡田文京区女性団体連絡会会長(左)、成澤文京区長(中央)、福嶌UN Women日本事務所長(右) Photo: UN Women/Shinobu Sekiguchi

オレンジエコバックには、女性に対する暴力撤廃メッセージのほか、UNiTE、UN Women、文京区のロゴが入っており、各組織が協力して女性に対する暴力撤廃に向けた取組を行っていることが伝わるようになっています。ボランティアはそれぞれにオレンジ色のものを身につけて、女性に対する暴力撤廃のメッセージを呼びかけました。合計700個以上のオレンジエコバックとグッズを配布し、多くの人びとに女性に対する暴力撤廃のメッセージを届けました。


2.文京いきいきアカデミア講座

文京いきいき講座受講生の皆さんと 福嶌日本事務所長
文京いきいき講座受講生の参加者と福嶌香代子UN Women日本事務所長(右端) Photo: UN Women/Takako Tsaka

当日、福嶌所長は、(公益財団法人)文京アカデミー主催の高齢者大学「文京いきいきアカデミア」の講師を務めました。講座では、UN Women及び日本事務所の役割と活動について話し、11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」の世界中での活動についても紹介しました。講義後には、日本でのジェンダー平等にむけての課題や教育の重要性についてなど活発な意見交換も行われました。また、所長から受講生の皆さんにオレンジ色のカエデを模られた用紙に「オレンジ・デー」によせるメッセージをお願いし、50人余りの出席者全員の方からメッセージを頂きました。

集められたメッセージをUN Women日本事務所前に掲示
集められたメッセージをUN Women日本事務所前に掲示 Photo: UN Women/Takako Tasaka

メッセージは、「男女平等はまず実践から まず家庭から」、「今日から頑張るよ!!」、「真の平和 女性が家庭・地域 国・あらゆる場で幸せであることを」、「一人じゃない!皆で繋がろう」など、女性に対する暴力撤廃へ向けて団結しようという気持ちを表すものが多く寄せられました。終了後、参加者全員で記念撮影し、日本の鮮やかな紅葉と女性に対する暴力のない明るい未来を象徴する「オレンジ色」にそまる受講生の皆さんの素敵な笑顔と共に講座を終えました。


3.文京シビックセンターのライトアップ

文京シビックセンターのライトアップの様子
オレンジ色の光が灯る文京シビックセンターの屋根 Photo: UN Women/Saya Matsumoto

世界中で様々な景勝地がオレンジの色でライトアップされる中、文京区の文京シビックセンターもライトアップに参加し、11月25日の17時~19時30分まで、文京シビックセンターの屋根の一部がオレンジ色に輝きました。


4.中央大学

中央大学は2010年より「国連アカデミック・インパクト」に参画し取り組みを進めています。その一環として、2015年度は、国連機関であるUN Women「HeForShe」キャンペーンに賛同し、取組みを進めています。今年の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」(11月25日)のために中央大学(文京区・後楽園キャンパス)でもオレンジキャンペーンに参加し、春日通り沿いの掲示板などを利用して学内でのキャンペーンの周知活動を行いました。

中央大学・後楽園キャンパス春日通り沿い掲示板
中央大学・後楽園キャンパス春日通り沿い掲示板 Photo: UN Women/Saya Matsumoto