福嶌香代子UN Women日本事務所長が女性に対する暴力撤廃について講演

第22回模擬国連会議九州サマーセッション2016

日付: 2016年9月21日

9月5日~8日の期間大分県別府市において、女性に対する暴力撤廃をテーマとして「第22回模擬国連会議九州サマーセッション2016」が日本模擬国連九州支部の主催により開催され、大会初日に福嶌香代子UN Women日本事務所長が講演を行いました。

講演では世界の女性の3人に一人が暴力の被害者である現状、女性に対する暴力に関する課題、各国の取り組みを支援するUN Womenの活動などについて説明が行われ、大型台風の到来にもかかわらず日本の各地から参加した学生さんが熱心に耳を傾ける姿が見られました。

講演を行う福嶌香代子UN Women日本事務所長

参加者からは、「模擬国連の準備を進めてきたけれども、まだまだ知らない世界があるのだと知り、理解が深まった」「身近な所から興味・関心を広げることが大事だと思った」などの感想が届いています。

また、具体的な事例として、ソロモン島にて暴力を犯し終身刑を言い渡された男性や、同様の罪を犯した島の男性達の考え方を変えるべくUN Womenが実施している取り組みを紹介した映像について、参加者から深く印象に残ったという声を頂きました。

ソロモン諸島:女性に対する暴力を根絶する(字幕国連広報センター)