人間の連帯国際デー

プレスリリース:あなたは#HeForSheですか?

人間の連帯国際デーにあたって、UN WomenのHeForShe世界運動は、男性に対してセクシャルハラスメント撤廃に向け抗議の声をあげるよう呼びかけます。

日付: 2017年12月20日

ニューヨーク(20171220日) 人間の連帯国際デーを記念して、UN WomenHeForShe運動は世界中の男性達に対して、セクシャルハラスメント撤廃に向けお互いに、そして女性達と一緒に連帯するように緊急の呼びかけを行います。力の不平等やセクシャルハラスメントに関する話題が報道の見出しを独占する一方で、ほとんどの男性は議論への参加を棄権しています。

HeForSheは男性達に対し、セクシャルハラスメント撤廃に向けた個人的な誓約をビデオに記録すること、そしてセクシャルハラスメント被害を訴えた多くの勇気ある人々との連帯の象徴としてそのビデオをSNSでシェアすることで、沈黙を破るように求めています。さらに、SNSでの投稿1件につき、友人男性3人に「あなたは#HeForSheですか?」と問いかけ、同じように行動するように求めます。

プムズィレ・ムランボ=ヌクカUN Women事務局長は「男性達は、セクシャルハラスメントやそれを可能にしてしまう文化に対して、抗議の声をあげる個人的な責任があります。声なき怒りで抗議するだけでは充分ではありません」と訴え、「男性達は皆、女性の体験に耳をかたむけ、虐待が起きれば抗議し、自分を含めた全ての男性達が言葉づかいや行動に対して責任を持つよう求めるといった、積極的な役割を果たす必要があります」と述べました。

ジェンダー平等に向けた世界的な連帯運動であるHeForSheは、2014年にイギリスの俳優エマ・ワトソンUN Women親善大使によって立ち上げられました。彼女の情熱的な呼びかけによって、立ち上げ開始後わずか3日間で10万人以上の男性、5日間で世界中の全ての国から少なくとも1人の男性が動員されました。またSNSでは、12億以上もの議論が交わされました。

国連事務次長の上級顧問であり、またHeForShe運動の責任者であるエリザベス・ニャマヤロ氏は「善良な男性達が沈黙し続ける限り、不正義は続いていきます。だからこそ、今まで以上にセクシャルハラスメントに対し抗議の声をあげる男性達が必要なのです」と訴えました。また「『あなたは#HeForSheですか?』という簡単な質問は、男性が連帯に参加するきっかけとなります。ジェンダー平等を達成することが男女間の対立の種となっている限り、誰も勝者ではないのです」と述べました。

Are you #HeFroSheの詳細www.HeForShe.org

ソーシャルメディアのダウンロードhttp://bit.ly/2yROLz8

議論に参加する:@HeForSheをフォローし、Are you #HeForShe や#EndSexualHarassmentハッシュタグを使いメッセージをシェアしてください。

UN Women HeForSheの詳細:www.HeForShe.org