勉強会を開催:TICAD開催にジェンダー視点を

日付: 2018年10月16日

TICAD MP03

Photo: UN Women Japan

 

10月9日(火)、UN Women日本事務所はアフリカ連合議員連盟及びアフリカ市民議会(CCfA)の協力を経て、国会議員の先生方とともに勉強会「アフリカにおける女性の経済的自立に向けて」を開催しました。

 

石川雅恵UN Women日本事務所長が主催者挨拶を行い、経済開発におけるジェンダー平等と女性や女児のエンパワーメントのための視点を持つことの必要性について言及し、この達成には女性のみならず男性も参画することの必要性を訴えました。
また、本勉強会では、アフリカ連合議員連盟会長である逢沢一郎衆議院議員による開会のご挨拶の後、UN Women西・中央アフリカ地域事務所副代表のウリマタ・サール氏やアフリカ市民協議会(CCfA)代表のマウンゴ・ムーキ氏による講演が行われました。
サール氏は、アフリカにおけるUN Womenの活動の紹介を紹介し、またアフリカにおける女性の経済的自立の可能性について言及しました。中でも HeForShe社会連帯運動やその精神、多くの世界のリーダーたちがこれを支持しているということに言及し、男性の参画がなければ達成しえないことを訴えました。
マウンゴ氏は、経済発展における女性の活躍について現状について言及し、女性のエンパワーメントに関する誤解を解くことの重要性を訴えました。

 

TICAD MP04  TICAD MP01

Photo: UN Women Japan

 

---
HeForSheについて詳しくはこちら
UN Women西・中央アフリカ地域事務所の活動についてはこちら(英語)