UN Women親善大使にマルタ・ビエイラ・ダ・シルバが着任

UN Women(国連女性機関)は、世界的に有名なブラジルのサッカー選手マルタ・ビエイラ・ダ・シルバを、スポーツにおける女性と女児のためのUN Women親善大使に任命すると発表しました。

日付: 2018年7月12日

ファンの間ではマルタという愛称で広く知られているマルタ・ビエイラ・ダ・シルバ氏は、世界中のジェンダー平等と女性のエンパワーメントのためにUN Womenを支援します。スポーツの分野等において、女性・女児がステレオタイプに挑戦し、障壁を克服して夢と野心を追うように応援します。

多くの人にとって理想の象徴であるマルタは、史上最も活躍した女子サッカー選手として認められています。 彼女は現在、米国の全米女子サッカーリーグのオーランド・プライドとブラジルの代表チームにおいてフォワードとしてプレーしています。 彼女はFIFA女子ワールドカップ大会の史上最多得点者であり、5年連続で年間最優秀選手に選ばれました。 彼女はまた、2004年と2008年の夏季オリンピックで銀メダルを獲得したブラジル代表チームのメンバーであり、ブラジルで開催された2014年ワールドカップの6人の大使のうちの一人に選出されています。

新しい親善大使を歓迎し、UN Women事務局長のプムズィレ・ムランボ=ヌクカは、「マルタ・ビエイラ・ダ・シルバ氏は、世界中の女性と女児にとっての特別なお手本です。 彼女自身の人生経験が決意、才能と勇気によって達成できることを力強く語ります。 スポーツは普遍的な言語です。 スポーツは私たちの限界を引き上げ、私たちを鼓舞し、団結させます。 UNWomenはマルタ氏と緊密に協力して、より多くの女性と女児に対しスポーツによる変革の力をもたらし、平等を急速に構築することを楽しみにしています。 彼女をUN Womenの家族の一員として温かく迎え入れたいと思います。」と述べています。

「スポーツにおける女性と女児のためのUN Women親善大使になることは光栄です。 私は、世界中の女性と女児が男性と男児と同様に潜在力を発揮する機会を得られるように、UN Womenに全面的に協力します。私自身の人生経験から、スポーツはエンパワーメントのための素晴らしいツールであることを知っています。」とマルタ氏は言います。

「今日では、世界中の女性たちが、以前は男性向けと思われていた役割やポジションにおいて成功できるということを実証しています。 スポーツや身体活動に女性が参加することも例外ではありません。 スポーツを通して、女性と女児は社会的・文化的規範やジェンダーステレオタイプに挑戦し、自尊心を高め、生涯に役だつ技術とリーダーシップを獲得することができます。 彼女らは健康と自身の身体についての理解、権利を向上させることができます。そして何が暴力であり、どのようにそれを防止するかということ、また利用可能なサービスの探し方を知り、そして経済的に自立する手段を磨くのです。」

スポーツにおける女性はこれまで以上に人々の目にとまるようになりました。2016年のリオオリンピックでは、全選手の45%にあたる約4,700人の女性が306種目に参加し、それぞれの国を代表しました。 2015年に世界各国の首脳によって採択された持続可能な開発のための2030アジェンダでは、2030年までに男女平等を達成するための道筋を設定し、スポーツを開発と女性のエンパワーメントの重要な原動力として明示しています。スポーツは、安全な場所と総合的な生活技術の学習機会を組み合わせることで、女児の自立性を高め、エンパワーすることができます。

UN WomenとWomen Winによって開発された「One Win Leads to Another (一つの勝利が次につながる)」プログラムは、リオデジャネイロの若い女性や女児にスポーツや生活技術のトレーニングを提供することによって劇的に女児に自信を与え、性に関する健康と権利、経済とリーダーシップ技術に関する理解を向上させたことが証明されています。プログラムは、女性や女児の人生のすべての段階において影響を及ぼす決定能力を向上させます。アルゼンチンや世界の他の国々でも同様のプログラムが実施される予定です。

しかし、スポーツにおいて女性と女児は今もなお深刻な課題に直面しており、スポーツ界において平等を獲得するには長い道のりがあります。 世界中の女児や女性は、スポーツをする機会が少なく、彼女たちがスポーツをするための投資も少なく、差別や性的嫌がらせさえにも直面します。プロの選手になることができてもなお、彼女らにはガラスの天井と大きな賃金格差が待ち受けています。 例えば、直近の女性サッカーワールドカップにおいて支払われた金額は1500万ドルであった一方、直近の男性サッカーワールドカップでは5億7,600万ドルでした。

スポーツの情報機関であるグローバル・スポーツ・サラリー・サーベイ(GSSS)の2017年の報告書によると、女性のエリート運動選手の賃金は平均して男性のエリート運動選手の賃金の1%です。 フォーブスの最も給料の高いスポーツ選手100人ランキングでは、世界でもっとも稼いでいるスポーツ選手の中には、1人も女性がいませんでした。

UN Women親善大使は、芸術、科学、文学、娯楽、スポーツといった分野をはじめ社会における著名な人々であり、UN Womenの任務に対する個人的なコミットメントと、彼らの専門領域の分野で観客を動員することによって、ジェンダー平等や女性と女児のエンパワーメントに関して推進力と資金を得るという決心を表明した人々です。
マルタはまた、過去にUNDPの親善大使を務めました。

経歴紹介:スポーツにおける女性と女児のためのUN Women親善大使、マルタ・ビエイラ・ダ・シルバ

マルタは1986年にブラジルで生まれ、ブラジルとスウェーデン両方の国民です。 彼女は史上最も活躍した女性サッカー選手と広く認められ、現在は米国の全米女子サッカーリーグのオーランド・プライドとブラジルの代表チームにおいてフォワードとしてプレーしています。多数の得点者であり、またドリブル技術で有名な有能なプレーヤーであるマルタは、ゴールデンボールとゴールデンブーツの受賞者として、2007年FIFA女子ワールドカップで7ゴールを得点しました。 2015年のワールドカップで15ゴールを記録したマルタは、大会史上最多得点者となりました。

彼女は2006年から2010年にかけて五年連続で最優秀選手として選出され、2004年と2008年の夏季オリンピックで銀メダルを獲得したブラジルの代表チームのメンバーでした。 彼女はブラジルで開催された2014年のワールドカップの6人の大使のうち1人に選ばれました。ブラジル北東部の荒れ果てた土地、ドイス・リアチョス・アラゴアスの貧しい家庭で育ったマルタは、靴を履かずに路上でサッカーをしており、打ち負かすことのできた男児達からしばしばのけ者にされていました。

彼女は2010〜2018年の間UNDPの親善大使として、ミレニアム開発目標(MDGs)を達成するための国際的な取り組みを促進し、特に女性のエンパワーメントに注力しました。

元の記事はこちら(English article): https://bit.ly/2LLVty1