ジェンダーとは?

ジェンダー、性などの基本用語を解説します。

日付: 2018年9月21日

 

ジェンダー(Gender)

ジェンダーとは、男性・女性であることに基づき定められた社会的属性や機会、女性と男性、女児と男児の間における関係性、さらに女性間、男性間における相互関係を意味します。こういった社会的属性や機会、関係性は社会的に構築され、社会化される過程(socialization process)において学習されるものです。これらは時代や背景に特有であり、変化しうるものです。

また、ジェンダーは一定の背景において女性・または男性として期待され、許容され、評価されることを決定します。殆どの社会では、課せられる責任や負うべき活動、資金・資源へのアクセスと支配、意思決定の機会において、女性と男性の間に違いや不平等が存在します。ジェンダーはより広範な社会・文化的背景の一部でもあります。社会・文化を分析する上で(ジェンダー以外の)他の重要な基準として、階級や人種、貧困レベル、民族や年齢などがあります。

「男性らしい(マスキュリン)」や「女性らしい(フェミニン)」はジェンダーのカテゴリーです。

 

 

性(Sex ある個人(individual)が女性、男性、あるいはそのどちらにも属さない性(インターセックス)であるかを規定する生物学的な特徴の総称です。

ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity): 人物(person)に深く根差した、女性か男性か、あるいはそのどちらにも属さない性かといった心理的な自己認識。その人物の心理的な自己認識は、誕生時の性に一致しないこともありえます。

ジェンダー規範(Gender Norms: 男性と女性がどのようにあるべきで、どう行動し、どのような外見をすべきか、という考え。規範(ノーム)とは、ある特定の時代の一点における、ある特定の社会やコミュニティが容認しているジェンダーの属性や特徴のことです。ある特定の社会や文化やコミュニティを規定している範囲内で、ジェンダー・アイデンティティーが一般的に従う基準や社会的な期待でもあります。ジェンダー規範は人生の中で内面化され、ジェンダーの社会化及びステレオタイプ化のライフサイクルを定着させます。

ジェンダー役割(Gender Roles): 男性や女性、男児や女児、第三のジェンダーやトランスジェンダーの人物たちに課されている責任や仕事、社会的に帰する態度や行動様式のことです。

ジェンダー関係(Gender Relations: 例えば、両性の間で力や資金・資源へのアクセスや支配がどのように配分されるかといった、女性と男性の間に生じる社会的関係のこと。慣習的に女性に関連した、あるいは伝統的な性別やジェンダーの規範から逸脱しているとされる者の役割や才能、能力に対し、文化・社会規範は通常低い価値を与えている。このことは、階級的、平等ではないジェンダーの関係を惹起している。


Planet 50–50 by 2030: Step It Up for Gender Equality