ニュース
ニュース
4 結果が見つかりました
1 - 4 から 4 Results

紀谷昌彦駐南スーダン共和国日本国特命全権大使が南スーダン共和国・ニムレでの修了式に参加

2017年3月1日

2017年2月6日、紀谷昌彦駐南スーダン共和国日本国特命全権大使は、ランサナ・ウォネUN Women南スーダン共和国事務所副代表、Support for Peace Education and Development(SPEDP)最高責任者、オドゥル・ネルソン・フセイン 南スーダン共和国政府補助教育局長、エミリオ・イグガ・アリマス パゲリ郡政委員と共に、南スーダン・パゲリ郡のニムレで開催された修了式に出席し、日本政府が拠出したUN Womenのプログラムの修了生を祝いました。 詳細をみる

「女性により多くの機会を与えることで、女性が国家の再建に中心的な役割を果たすことができます」

2016年8月19日

「世界人道デー」にあたって、私たちは、想像できない程の困難や絶えざる暴力と、確かなレジリエンス(強じん性)をもって対峙している女性・女児・男性・男児を称えたいと思います。また、平和が確立された後も、復興に向けて尽力されている第一対応者や、援助活動員の方々に敬意を表します。 詳細をみる

私のいる場所から:ソニア・ディミトリヨスカ (Sonja Dimitrijoska)

2016年5月16日

ソニア・ディミトリヨスカ(39歳)は、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国の非政府組織La Stradaで、人道支援者として働いています。 詳細をみる

私のいる場所から:シータ・シュレサ(Sita Shrestha)

2016年4月13日

覚えている限り、私は家族のために毎朝学校前に何マイルも歩いて水汲みに行っていました。ネパールの首都カトマンドゥ近くのチラウネの村人の多くは、料理や家畜のための水を汲むために何時間もかけて歩く必要があります。水不足はこの村の抱える大きな問題であり続けています。 詳細をみる

1 - 4 から 4 Results