ニュース
ニュース
8 結果が見つかりました
1 - 8 から 8 Results

言葉を借りれば(In the words of):イスラム・ロメラさん

2021年11月19日

「初めて車のハンドルを握ったとき、ついに自分の人生のハンドルを握った気がしました」

「もうずいぶん前に夢を見ることをやめたな、ってふと気づいたの」

2021年10月21日

何年ものあいだ暴力と経済難に苦しんだハサン・シャミンさん(仮名)は、タランゴの女性シェルターで、新しい人生を切り開くための手段を手にしました。

「何も持たず、壊れた心を抱えて」

2021年9月14日

虐待から抜け出し、タランゴ女性シェルターでの穏やかで自信に満ち溢れた日々。ニパ・ナーズリーさんに宛てて書いた手紙を通し、ベグム・ファルザナ(仮名)さんは私たちをそんな旅へ連れて行ってくれます。

言葉を借りれば(In The Words Of):ニパ・ナーズリーさん

2021年9月14日

バングラデシュの首都ダッカにあるタランゴ女性シェルターで、プログラムコーディネーターとして働いているニパ・ナーズリーさん。自身も暴力被害者としての過去を持つニパさんは、暴力被害を受けた女性や女の子たちのニーズを優先とした支援サービスとはどのようなものなのかを熟知しています 。

もう自分でも自分が誰かわからないくらい

2021年9月7日

新型コロナウイルスの感染拡大の中、バングラデシュのタランゴ女性シェルターでは、女性や女の子が暴力被害から抜け出し、自立への道を歩む支援をする、統合支援サービスを提供しています。

サイマの手紙

2021年9月7日

バングラデシュの首都ダッカにある、タランゴ1の女性シェルターには、60人の女性・女の子が住んでいます。この手紙はその1人、カトゥーン・サイマ(仮名)さんが、タランゴのCEO(最高経営責任者)であるヤスミン・コヒヌールさんに宛てて書いたものです。

UN Womenコックスバザールでの活動報告 

2019年5月29日

UN Womenコックスバザールでの活動報告の日本語バージョンが完成しました。ロヒンギャ難民キャンプで担当官として活動する、シャミムル・ホケ・パヴェル氏の考察が書かれています。

ロヒンギャ危機対応: 教訓、生活、コミュニティ の強化

2019年2月26日

今年より、日本政府によるロヒンギャ難民の支援が始まります。この記事では、UN Womenが現在行っているプロジェクトをご紹介します。

1 - 8 から 8 Results