ニュース
ニュース
113 結果が見つかりました
検索条件を選ぶ
1 - 20 から 113 Results

言葉を借りれば(In the words of):イスラム・ロメラさん

2021年11月19日

「初めて車のハンドルを握ったとき、ついに自分の人生のハンドルを握った気がしました」

「もうずいぶん前に夢を見ることをやめたな、ってふと気づいたの」

2021年10月21日

何年ものあいだ暴力と経済難に苦しんだハサン・シャミンさん(仮名)は、タランゴの女性シェルターで、新しい人生を切り開くための手段を手にしました。

「何も持たず、壊れた心を抱えて」

2021年9月14日

虐待から抜け出し、タランゴ女性シェルターでの穏やかで自信に満ち溢れた日々。ニパ・ナーズリーさんに宛てて書いた手紙を通し、ベグム・ファルザナ(仮名)さんは私たちをそんな旅へ連れて行ってくれます。

言葉を借りれば(In The Words Of):ニパ・ナーズリーさん

2021年9月14日

バングラデシュの首都ダッカにあるタランゴ女性シェルターで、プログラムコーディネーターとして働いているニパ・ナーズリーさん。自身も暴力被害者としての過去を持つニパさんは、暴力被害を受けた女性や女の子たちのニーズを優先とした支援サービスとはどのようなものなのかを熟知しています 。

アフガニスタン情勢に関するプラミラ・パッテン UNWomen事務局長代行の声明

2021年9月10日

「女性には、平和的に抗議し、暴力のない人生を送る権利があります」 プラミラ・パッテン UNWomen事務局長代行は、基本的権利と自由の尊重のために戦っている、すべてのアフガニスタンの女性と連帯し立ち上がります。

アフガニスタン情勢に関するUN Womenの声明

2021年9月8日

女性の政治参加は、ジェンダー平等と真の民主主義の基本的な前提条件です。プラミラ・パッテン UNWomen事務局長代行は、アフガニスタンの新しい暫定政権に女性が含まれていないことに失望と遺憾の意を表明しています。声明の全文はこちら(英文):http://unwo.men/IBiA50G5Qiv

もう自分でも自分が誰かわからないくらい

2021年9月7日

新型コロナウイルスの感染拡大の中、バングラデシュのタランゴ女性シェルターでは、女性や女の子が暴力被害から抜け出し、自立への道を歩む支援をする、統合支援サービスを提供しています。

サイマの手紙

2021年9月7日

バングラデシュの首都ダッカにある、タランゴ1の女性シェルターには、60人の女性・女の子が住んでいます。この手紙はその1人、カトゥーン・サイマ(仮名)さんが、タランゴのCEO(最高経営責任者)であるヤスミン・コヒヌールさんに宛てて書いたものです。

女性が運営するコミュニティーキッチンがネパールの弱い立場にある女性たちを助けています

2021年9月7日

ネパールではCOVID-19ロックダウンのせいで41%の女性が仕事を失っています。UN Womenは失業した女性のニーズに答えるため、フィンランド政府のサポートを得て、女性運営のコミュニティーキッチンを立ち上げ、このような女性たちが食料や栄養に確実にアクセスできるように活動しています。プシュパ・スナールさんはコミュニティーキッチンに雇われている123人の従業員のひとりです。キッチンはそこに働く女性達に収入をもたらし、コミュニティーの他の女性達が担うケアの重荷を軽減し、コミュニティーの中に信頼と結束を築いています。

UN Womenの支援により、暴力の被害者に対する警察官の対応改善へ

2021年9月7日

この1年半、新型コロナウイルス感染症拡大によるロックダウンによって、女性が加害者と同じ場所に閉じ込められることになり、コロナ禍以前から蔓延していた女性に対する暴力がさらに深刻化し、女性が助けを得ることができない状況にあります。さらに、なんとか警察に連絡することができても、暴力の被害者にも大きな責任があるとする長年の文化や制度という問題に直面します。

アフガニスタン情勢に関するUN Womenの声明

2021年8月19日

UN Women(国連女性機関)はアフガニスタンの女性や女の子たちの支援に完全にコミットし続けます。国の重大局面である今、UN Womenアフガニスタン国事務所は現地に残って変わらず活動を続け、パートナー機関と連携し続けていきます。

【Tokyo 2020】スポーツとジェンダー

2021年8月5日

Tokyo2020オリンピックは歴史上はじめて選手の男女比がほぼ平等となる(女性比48.8%)大会です! 歴史を振り返ると、初めて女性が参加可能となった1900年のオリンピックに出場した997人のアスリートのうち女性はたった22人(2.2%)でした。     スポーツはグローバル社会を動かし、若者に語りかけます。国境や文化の差異を超えて団結させます。女性や女の子たちにチームワークや、自信と強靭さを持つことの大切さを教え、彼女達の健康や教育、リーダーシップの育成に乗数効果をもたらし、そして有害なジェンダー規範に異議を唱えます。今回の Tokyo2020 オリンピック・パラリンピック大会 を通して、スポーツそして社会全体のジェンダー平等を推進していきましょう!       UN Womenでは Sports for Generation Equality...

ミャンマーの現状に関してUN WomenとUNFPAが共同声明を発表

2021年8月3日

ミャンマーで軍が国を制圧してから6か月が経ち、同国は政治と公衆衛生の複合的な危機に直面しています。

平等を目指す全ての世代フォーラムが開催されました

2021年7月5日

ジェンダー平等に向けた動きを前進・加速させるために、前回のメキシコに続き、パリにて開催された 平等を目指す全ての世代 フォーラム(Generation Equality Forum)。約5万人が世界中からオンライン上で参加し、大盛況のフォーラムとなりました。 開会式にて ムランボ=ヌクカUN Women(国連女性機関)事務局長は、総額400億ドルが平等のための変革へ充てられることを発表し、これは女性や少女たちのためだけでなく、全ての人の平等のためと強調しました。 この400億ドルの中には日本政府の公約も含まれています。 また、本フォーラムにはたくさんの各国の首脳や企業のCEO、慈善活動家たちが集い、1,000を超える財政的、政策的なコミットメント(公約)を発表しました。

【採用情報】インターン募集のお知らせ(〆切: 7月17日(土)NY時間)

2021年6月23日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で広報及び資金調達業務補佐を担当するインターンを募集しています(応募締切:2021年8月16日 米国時間 EDT 23:59)。

G7サミットを受けてムランボ=ヌクカUN Women事務局長が声明を発表

2021年6月15日

2021年6月11日~13日に開催された G7コーンウォール・サミットを受けて、ジェンダー平等アドバイザリー評議会(GEAC)とムランボ=ヌクカUN Women事務局長が声明を発表しました。

HeforSheサミットが開催されました

2021年6月9日

日本時間の5月27日(木)23時からHeForSheサミットがオンライン上で開催されました。

【平等を目指す全ての世代】公約プラットフォーム

2021年6月3日

ジェンダー平等に向けた動きを前進・加速させるために6月30日~7月2日にパリで開催される #平等を目指す全ての世代フォーラム (Generation Equality Forum、略してGEF)に向けて「公約プラットフォーム」が完成しました!

【採用情報】パートナーシップ・資金調達専門官募集のお知らせ(〆切:6月2日(水)NY時間)

2021年5月20日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で日本政府をはじめとする公的機関と民間企業の両方のパートナシップ維持と新構築を担当する専門官を募集しています。

【採用情報】広報コンサルタント募集のお知らせ(〆切:4月30日(金)NY時間)

2021年4月22日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で広報業務を担う広報コンサルタントを募集しています。

1 - 20 から 113 Results