ニュース
ニュース
86 結果が見つかりました
1 - 20 から 86 Results

女性に対する暴力の撤廃に向けて

2021年12月2日

今年もジェンダーに基づく暴力撤廃に向けたグローバルなキャンペーンが、11月25日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から12月10日(人権デー)まで、16日間にわたって開催されます。 2021年の女性に対する暴力撤廃の国際デー(11月25日)と、16日間の UNiTE女性に対する暴力撤廃のキャンペーン "(11月25日~12月10日)のテーマは" 「世界をオレンジ色に:今すぐ女性に対する暴力を終わらせよう!」 であり、これらの活動は特に脆弱な人々を支える上で必要不可欠です。

女性に対する暴力撤廃に向けて、あなたにできる10の行動

2021年11月26日

女性に対する暴力撤廃に向けて、あなたにできる10の行動

「アラブ諸国におけるUN WOMENの新型コロナウイルス感染症対策」に関する報告書

2021年11月17日

日本政府ご支援の下、「アラブ諸国におけるUN WOMENの新型コロナウイルス感染症対策」に関する報告書が翻訳されました。

プレスリリース:COP26で世界の指導者たちが共同声明に署名

2021年11月10日

COP 26においてスコットランド政府とUN Women(国連女性機関)が共同で後援する、気候変動対策に女性と女児が果たす役割を前進させることを求める声明が発表されました。

もう自分でも自分が誰かわからないくらい

2021年9月7日

新型コロナウイルスの感染拡大の中、バングラデシュのタランゴ女性シェルターでは、女性や女の子が暴力被害から抜け出し、自立への道を歩む支援をする、統合支援サービスを提供しています。

サイマの手紙

2021年9月7日

バングラデシュの首都ダッカにある、タランゴ1の女性シェルターには、60人の女性・女の子が住んでいます。この手紙はその1人、カトゥーン・サイマ(仮名)さんが、タランゴのCEO(最高経営責任者)であるヤスミン・コヒヌールさんに宛てて書いたものです。

女性が運営するコミュニティーキッチンがネパールの弱い立場にある女性たちを助けています

2021年9月7日

ネパールではCOVID-19ロックダウンのせいで41%の女性が仕事を失っています。UN Womenは失業した女性のニーズに答えるため、フィンランド政府のサポートを得て、女性運営のコミュニティーキッチンを立ち上げ、このような女性たちが食料や栄養に確実にアクセスできるように活動しています。プシュパ・スナールさんはコミュニティーキッチンに雇われている123人の従業員のひとりです。キッチンはそこに働く女性達に収入をもたらし、コミュニティーの他の女性達が担うケアの重荷を軽減し、コミュニティーの中に信頼と結束を築いています。

UN Womenの支援により、暴力の被害者に対する警察官の対応改善へ

2021年9月7日

この1年半、新型コロナウイルス感染症拡大によるロックダウンによって、女性が加害者と同じ場所に閉じ込められることになり、コロナ禍以前から蔓延していた女性に対する暴力がさらに深刻化し、女性が助けを得ることができない状況にあります。さらに、なんとか警察に連絡することができても、暴力の被害者にも大きな責任があるとする長年の文化や制度という問題に直面します。

HeforSheサミットが開催されました

2021年6月9日

日本時間の5月27日(木)23時からHeForSheサミットがオンライン上で開催されました。

【平等を目指す全ての世代】公約プラットフォーム

2021年6月3日

ジェンダー平等に向けた動きを前進・加速させるために6月30日~7月2日にパリで開催される #平等を目指す全ての世代フォーラム (Generation Equality Forum、略してGEF)に向けて「公約プラットフォーム」が完成しました!

【採用情報】パートナーシップ・資金調達専門官募集のお知らせ(〆切:6月2日(水)NY時間)

2021年5月20日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で日本政府をはじめとする公的機関と民間企業の両方のパートナシップ維持と新構築を担当する専門官を募集しています。

COVID-19と女性・女児に対する暴力

2020年4月7日

上記のUN Womenの報告書が公表されました。本報告書では、昨今のCOVID-19蔓延に伴い増加する女性・女児に対する暴力に関するデータ・証拠を紹介しています。

女性と女児に対する暴力:陰のパンデミック(世界的大流行) - 仮訳

2020年4月7日

2020 年 4 月 6 日月曜日( NY 時間) 90か国がロックダウン ( 都市封鎖 ) 状態にある中、 40 億人が COVID-19 から身を守るため自宅待機となっています。これは人々を保護する手段であると共に大きな危険をもたらします。女性に対する暴力という隠れたパンデミック(世界的大流行)が増加しています。 感染と都市封鎖を報告する国が増えると共に、ドメスティックバイオレンス( DV )ヘルプラインやシェルターに助けを求める声が増えています。アルゼンチン、カナダ、フランス、ドイツ、スペイン、イギリス、アメリカの政府機関、女性団体、市民社会関係者は DV 報告の増加と緊急保護施設(シェルター)設置を増やす必要性について注意喚起しています。シンガポールとキプロスにおけるヘルプラインへの相談は30%増加しています。オーストラリアのニューサウスウエールズで調査を最前線で行っている40%の人たちは、エスカレートする暴力に対し、助けを求める声が増加していることを報告しています。 ...

女性と女児に対する暴力:陰のパンデミック(世界的大流行) - 仮訳

2020年4月7日

2020 年 4 月 6 日月曜日( NY 時間) 90か国がロックダウン ( 都市封鎖 ) 状態にある中、 40 億人が COVID-19 から身を守るため自宅待機となっています。これは人々を保護する手段であると共に大きな危険をもたらします。女性に対する暴力という隠れたパンデミック(世界的大流行)が増加しています。 感染と都市封鎖を報告する国が増えると共に、ドメスティックバイオレンス( DV )ヘルプラインやシェルターに助けを求める声が増えています。アルゼンチン、カナダ、フランス、ドイツ、スペイン、イギリス、アメリカの政府機関、女性団体、市民社会関係者は DV 報告の増加と緊急保護施設(シェルター)設置を増やす必要性について注意喚起しています。シンガポールとキプロスにおけるヘルプラインへの相談は30%増加しています。オーストラリアのニューサウスウエールズで調査を最前線で行っている40%の人たちは、エスカレートする暴力に対し、助けを求める声が増加していることを報告しています。 ...

COVID-19と女性・女児に対する暴力

2020年4月7日

上記のUN Womenの報告書が公表されました。本報告書では、昨今のCOVID-19蔓延に伴い増加する女性・女児に対する暴力に関するデータ・証拠を紹介しています。

「日本はジェンダー平等に大きな貢献をできる国だ!」HeForSheプログラムマネージャー、エドワード・ワゲニ来日インタビュー

2020年2月17日

1月に来日していたHeForSheプログラム・マネージャーのエドワード・ワゲニにインタビューを行いました。

【採用情報】ジェンダープロジェクトコンサルタント募集のお知らせ (〆切: 9/13)

2019年8月30日

UN Women(国連女性機関)日本事務所では、現在、ジェンダープロジェクトコンサルタントを募集しています。(応募〆切:9月13日(金)24:00 NYC時間)

UN Women最新レポートは家族内のジェンダー不平等を撤廃するための政策課題を提言します

2019年6月26日

「世界の女性の進歩 2019-2020:変わりゆく世界における家族」では家族形態の変遷がどのように女性の権利に影響を及ぼすかを検証し、多くの国で家族に優しい(ファミリー・フレンドリー)政策の実施が可能であることを明らかにしました。

採用情報:パートナーシップ・プログラム専門官募集のお知らせ (受付終了)

2019年6月24日

UN Women(国連女性機関)日本事務所では、現在、パートナーシップ・プログラム専門官(応募〆切:7月5日(金))を募集中です。

UN Women事務局長来日記念!HeForShe プラスワン!6月30日開催決定 !

2019年6月18日

プムズィレ・ムランボ=ヌクカ UN Women事務局長来日とHeForShe日本語版ウェブサイトの立ち上げを記念し、HeForShe賛同者の日本の各界の著名人や大学生が集い、HeForShe プラスワン!というイベントを行います。

1 - 20 から 86 Results