レバノンにおけるシリア難民 360°VR体験

都市難民の世界に足を踏み入れシリアからの悲惨な脱出後、新たな現実を過ごす家族の様子を見てみましょう。

日付: 2018年8月21日

ゼイナブと彼女の子供たちは、故郷のシリアからレバノンのベイルートに避難してきました。難民としての新たな生活は毎日苦労が耐えませんが、ゼイナブは家族の生活を向上させることを決意しました。UN Women(国連女性機関)によって支えられているトレーニングプログラムにより、彼女は美容院で働く技術を習得しました。その結果、ゼイナブは彼女の運命を把握し、彼女の家族に二度目のチャンスを与ることができたのです。

このバーチャルリアリティ映像は、日本政府の寛大な拠出金によって制作されました。 ベイルートのタリク・エルディディド地区にあるUN Womenによって支援されている施設は、レバノン全土の5つの施設のうちの1つであり、日本政府の寛大な拠出金によって支えられています。

Planet 50–50 by 2030: Step It Up for Gender Equality