UN Womenの優先的活動領域

地域レベルから国際的なレベルに至るまで、女性のリーダーシップと参画は制限されています。女性は、有権者としても、また、選挙や公共サービス、民間セクターや学術分野など様々な場面での指導的立場においても、その存在は過小評価されています。女性は、リーダーや変革者としての能力があるにも関わらず、また民主的なガバナンスに参加できる平等な権利を有しているにも関わらず、あらゆる場面においてこのような状況が起きています。 詳細をみる

女性の経済的エンパワーメントに投資することは、ジェンダー平等、貧困の撲滅、包摂的な経済成長への直接の道筋となります。女性は、ビジネスにおいても、農業においても、起業家として、または被雇用者として、もしくは、家庭における無報酬ケア労働の担い手として、経済に対し大きな貢献を行っています。 詳細をみる

女性と女児に対する暴力は、人権に対する重大な違反です。すぐに影響が及ぶものから、女性や女児にとって身体的、性的、精神的な結果として、時に死という結果に結びつくことも含めて、多様かつ長期的な影響を及ぼすものまで、暴力による影響は様々です。 詳細をみる

紛争は、甚大な被害をもたらし、女性と男性間の格差を広げることにもつながります。女性は、しばしば、自分たち自身の身を守る資源をより少なくしか持ちあわせていません。また、子どもと共に国内避難民や難民人口の大部分を占めています。 詳細をみる

世界には18億人の10歳から24歳の若者がいます。これは今までで最大の若者人口です[1]。このうち、6億人は思春期の女児と若い女性です。 世界中で、若い女性は、教育を受ける機会やリーダーシップ、意思決定における参加の機会が不平等であることといった、ジェンダーに基づく差別や疎外、そして暴力に直面しています。 詳細をみる

国家計画、政策、制度、予算は、政府が女性に対する取り組みをジェンダー平等に向けた実践的な行動に移す最初の場です。しかしながら、かなり頻繁にあることとして、公共サービスが女性のニーズと優先事項に対応しているかどうかを政府は見落としがちです。 詳細をみる