ニュース

243
結果が見つかりました
日付:
アドボカシー・アウトリーチ・資金調達インターンを募集します(〆切: 1月5日(金)NY時間0:00)
日付:
2024年の国際女性デーのテーマが発表されました!
日付:
現在の傾向が続けば、2030年までに世界の全女性人口の8%にあたる3億4,000万人以上の女性と少女が極度の貧困状態に置かれることになると推測されています。 ジェンダー平等を優先することが緊急に必要であるにもかかわらず、女性と少女に向けた暴力の対策と予防に各国がどれほど取り組んでいるかについてのデータは依然十分ではありません。 
日付:
今年のCOP28において、UN Women(国連女性機関)は女性と少女の権利、能力、ニーズが気候変動に関する議論において考慮され、政府の政策に組み込まれるようにします。
日付:
国連加盟国が「国際ケアデー」に合意しました。
日付:
今年もジェンダーに基づく暴力撤廃に向けたグローバルなキャンペーンが、11月25日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から12月10日(人権デー)まで、16日間にわたって開催されます。
日付:
10月13日(金)に、UN Women(国連女性機関)がイスラエルとパレスチナ自治区情勢に関する声明を発表しました。
日付:
―UN Women 日本事務所のインターンがUN Women ジンバブエ事務所でUNV(国連ボランティア)をご経験された吉田あかりさんにインタビューを行いました。
日付:
―UN Women (国連女性機関) インドネシア国事務所代表兼ASEAN連絡責任者ジャムシェッド・カジ氏をUN Women日本事務所のインターンがインタビューしました。
日付:
UN Women (国連女性機関) 東・南アフリカ地域事務所所長のマキシム・ウィナト氏をUN Women日本事務所のインターン生がインタビューしました。 彼の経験やモチベーション、ジェンダー問題に対する考え方は非常に興味深い内容となっています。
日付:
世界中の少女たちにとって、デジタルテクノロジーは力であり可能性を秘めています。
日付:
UN Womenはパートナー達とともに、スーダンで続く紛争に深い懸念を表明します。
日付:
現在、UN Women(国連女性機関)事務局長になりすましSNSを通じて、DM(ダイレクトメール)で一般個人に対し寄付を求める詐欺行為が報告されています。
日付:
【採用情報】コンサルタント募集のお知らせ(〆切: 12月18日(日)NY時間)
日付:
今年もジェンダーに基づく暴力撤廃に向けたグローバルなキャンペーンが、11月25日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から12月10日(人権デー)まで、16日間にわたって開催されます。2022年の女性に対する暴力撤廃の国際デー(11月25日)と、16日間の UNiTE女性に対する暴力撤廃のキャンペーン "(11月25日~12月10日)のテーマは" 「世界をオレンジ色に:団結しよう!女性と少女に対する暴力撤廃へ向けた行動のために」 であり、これらの活動は特に脆弱な人々を支える上で必要不可欠です。
日付:
ジンバブエの農村や鉱山のコミュニティに住む若い女性たちの運動である「若い女性のための開発センター(Institute for Young Women's Development 以下:IYWD)」は、コミュニティの組織化と運動の構築を通じて女性をエンパワーすることで、常在する暴力に対処しています。
日付:
私は平等を目指す全ての世代(Generation Equality)の一人です。若者の気候変動活動家、デビシ・ジャ(Devishi Jha)さん 世界中の何十億という人々が、日々、歴史の正解側に立っています。これらの人々は、女性の権利を向上させるために、声を上げ、立ち上がり、結集し、大小関わらずさまざまな行動を起こしています。これが平等を目指す全ての世代(Generation Equality)です。
日付:
リンクトイン(LinkedIn)とUN Women (国連女性機関)がアジア太平洋地域の女性の雇用機会創出のために提携を発表 インドのマハラシュトラ州でこのイニシアチブを試験的に実施し、リンクトインは約4000万インドルピーを投資して、女性のデジタル技術を向上させ、雇用機会を増やす予定です。
日付:
ウクライナの法律専門家ラリサ・デニセンコ(Larysa Denysenko)さんの言葉:「性的暴力は、脅迫、拷問、屈辱の戦術である」