ニュース

228
結果が見つかりました
日付:
ジンバブエの農村や鉱山のコミュニティに住む若い女性たちの運動である「若い女性のための開発センター(Institute for Young Women's Development 以下:IYWD)」は、コミュニティの組織化と運動の構築を通じて女性をエンパワーすることで、常在する暴力に対処しています。
日付:
私は平等を目指す全ての世代(Generation Equality)の一人です。若者の気候変動活動家、デビシ・ジャ(Devishi Jha)さん 世界中の何十億という人々が、日々、歴史の正解側に立っています。これらの人々は、女性の権利を向上させるために、声を上げ、立ち上がり、結集し、大小関わらずさまざまな行動を起こしています。これが平等を目指す全ての世代(Generation Equality)です。
日付:
リンクトイン(LinkedIn)とUN Women (国連女性機関)がアジア太平洋地域の女性の雇用機会創出のために提携を発表 インドのマハラシュトラ州でこのイニシアチブを試験的に実施し、リンクトインは約4000万インドルピーを投資して、女性のデジタル技術を向上させ、雇用機会を増やす予定です。
日付:
ウクライナの法律専門家ラリサ・デニセンコ(Larysa Denysenko)さんの言葉:「性的暴力は、脅迫、拷問、屈辱の戦術である」
日付:
最新報告書では、新型コロナウイルス が観光産業における女性の経済的エンパワーメントに与える壊滅的な影響を明らかにし、産業におけるジェンダー平等を推進するための具体的な推奨事項を共有しています。
日付:
セルビアでは、「Show that you are in first league!(1軍であることを示そう!)」 という見出しのもと、有害な男らしさやジェンダーに対する固定観念に反対するメディアキャンペーンを行い、700万人以上の女性、男性、少女、少年にメッセージを届けました。
日付:
アフガニスタンに関するシマ・バホス事務局長の声明が発出されました。 「私はタリバンに、アフガニスタンの女性と女児の完全な人権を尊重するようただちに要請します。女性と女児の独立した移動の自由、労働の権利、高等教育へのアクセスを直ちに回復しなければなりません」
日付:
UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で広報及び資金調達業務補佐を担当するインターンを募集しています(応募締切:2022年5月29日 米国時間 EDT 23:59)。
日付:
4月11日国連安全保障理事会にてUN Women (国連女性機関)事務局長のシマ・バホスがウクライナにおける女性と女児がさらされているリスクについて言及しました。
日付:
ウクライナ での戦争は、何百万人もの人々の生活を根底から覆しています。このビデオでは、戦争が女性や女児に与える影響、そして彼女たちのニーズに応えるためにUN Women(国連女性機関)とパートナーが行っていることをご紹介します。
日付:
国際女性デーの日経新聞朝刊にアンステレオタイプアライアンスの広告が掲載されました
日付:
女性のエンパワーメント原則(WEPs)に荏原製作所が署名
日付:
株式会社リクルートがWEPs(女性のエンパワーメント原則)への署名とHeForShe の推進により、 ジェンダー平等への取り組みを加速することを発表しました。
日付:
2021年12月10日、「日経UNSTEREOTYPE広告賞」の表彰式が行われました。受賞企業の東海テレビ放送、味の素冷凍食品と 石川雅恵 UN Women(国連女性機関)日本事務所長によるトークセッションでは、それぞれのジェンダー広告にこめた思いや制作のきっかけについて議論しました。
日付:
現在UN Women(国連女性機関)では、インターナショナルコンサルタントを募集しています。詳細を確認の上、ぜひご応募ください。
日付:
現在UN Women(国連女性機関)日本事務所では、パートナーシップ・資金調達官を募集しています。詳細を確認の上、ぜひご応募ください。
日付:
日本サッカー協会(JFA)と日本女子プロサッカーリーグ(WE リーグ)のWEPs(女性のエンパワーメント原則)に関する取り組みをまとめた報告書が発表されました。
日付:
日本・トルコ・イギリス・アメリカの4カ国を対象に広告におけるインターセクショナリティ(交差性)の影響を調査した「Beyond Gender 2(ビヨンド・ジェンダー2)」の日本語訳版を発表しました。
日付:
年次報告書は、UN Womenが世界中で実施した女性のエンパワーメントとジェンダー平等の取り組みを記録しています。その年度のUN Womenのイニシアティブや、会計報告の概略、新しいプログラムの一覧、連絡先などもご覧いただけます。
日付:
株式会社サイカは、UN Women(国連女性機関)が主導するアンステレオタイプアライアンス日本支部に加盟しています。