若者とジェンダー平等

  

世界には18億人の10歳から24歳の若者がいます。これは今までで最大の若者人口です[1]。このうち、6億人は思春期の女児と若い女性です。

世界中で、若い女性は、教育を受ける機会やリーダーシップ、参加の機会が不平等であることといった、ジェンダーに基づく差別や疎外、そして暴力に直面しています。

新たな「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」は、若者に平等な利益をもたらさなければなりません。若いリーダーの力とインスピレーションは、持続可能な開発とジェンダー平等の進歩を加速させる重要な要素です。

 

UN Womenの解決策

UN Womenの若者とジェンダーの平等の新しい戦略は、ジェンダー平等を達成するためのパートナーとしての若い女性及び男性のエンパワーメントを図り、若者の運動に「より多様な性」が参加し、女性の運動に「より多くの若者」が参加することを目指しています。

UN Womenの戦略計画に基づいた若者及びジェンダー平等戦略とLEAPの枠組みには、3つの柱となるテーマが含まれています。それは、すべての分野における若い女性のリーダーシップ、女性の経済的エンパワーメントと技能開発、そして、若い女性と女児に対する暴力撤廃のための行動です。さらに3つの横断的なアプローチとしての若い女性とおよび若い女性主導の組織、ジェンダー平等達成のパートナーとしての若い男性、そして世代間パートナーと共に、参加、意見そしてパートナーシップの強化を行います。

UN Women のユース戦略とテーマの概要を見る

[1] 国連人口基金(UNFPA)、世界人口2014年の状態、『世界人口白書2014 18億人の力 若者と若者と未来をの変容変革する若者たち』、(国連人口基金(UNFPA)、2014年)