アラブ首長国連邦とUN Womenがアブダビに新事務所開設で合意

日付: 2016年7月15日

協定に署名後握手を交わすアワディUAE法務副大臣とプリUN Women事務次長 Photo: UN Women/Ryan Brown

7月15日、アラブ首長国連邦(UAE)政府は、アブダビに、UN Womenの新しい湾岸協力会議(GCC: Gulf Cooperation Council)リエゾンオフィスの開所に尽力するという協定に署名しました。湾岸協力会議の設立国の一員として、UAEはジェンダー平等や女性及び女児のエンパワーメントに尽力してきた先進的な国で、アラブ地域におけるUN Womenへの最大の拠出国です。 

この協定は、プリUN Women事務次長とUAEのアワディ法務副大臣によって署名されました。アワディ副大臣は、UN WomenのHeForSheキャンペーンにも署名しています。

署名の様子 Photo: UN Women/Ryan

「これは先駆的な契機であり、私たちのパートナーシップの新たな局面の始まりでもあります。」とプリUN Women事務次長は述べ、UAE政府がジェンダー平等の前進と女性のエンパワーメントに対して示したリーダーシップと政治的意思に称賛の意を示しました。 

アブダビのリエゾンオフィスは、中東地域で唯一のリエゾン・オフィスになる予定です。UN WomenのGCCリエゾンオフィスは、UAEの全てのレベルにおける女性のエンパワーメントに主導的な役割を果たしている女性連盟(GWU)によってホストされます。

GWU代表を務めるシェイカ・ファティマ・ビント・ムバラク陛下の目覚ましいリーダーシップによって、UN WomenとUAEのパートナーシップは、ジェンダー平等と女性及び女児のエンパワーメントを推進するため、さらに強固な協力関係への道を開いた今回の合意によって、新しい段階に到達しました。

近年、UAEは、この地域におけるジェンダー平等と女性のエンパワーメントの主導者として、国レベルで女性の経済的エンパワーメントや政治への参画を支援する政策を策定しています。今日、UAEには20,000人の女性起業家がいて、全起業家の10%を占めていますが、これは2012年から58%増加したものです。2012年の12月に、UAEは、この地域では初めて、政府系企業・機構の全ての取締役に必ず女性が含まれることを求める法律を成立させました。

参加したUAEとUN Womenの代表者 Photo: UN Women/Ryan

UN Womenは、ニュ―ヨークの本部、ベルギー・デンマーク・日本・UAEのリエゾンオフィス、そして世界89のカントリーオフィスを通じて、女性及び女児の平等な機会のための障壁を取り除くため、そしてジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための法律やコミットメントが完全に履行されることを確実にするために活動しています。 

新しいリエゾンオフィスは、湾岸アラブの機関との、政策への助言や政治的提言の分野におけるパートナーシップの構築に戦略的重点を置きます。また、地域における女性の地位向上に協力し、GCC各国政府を支援し、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」のジェンダーに対応した履行にむけて協力関係を強化していきます。 

HeForSheに署名したUAEのアワディ法務副大臣 Photo: UN Women/Ryan
Planet 50–50 by 2030: Step It Up for Gender Equality