ニュース
ニュース
100 結果が見つかりました
1 - 20 から 100 Results

【Tokyo 2020】スポーツとジェンダー

2021年8月5日

Tokyo2020オリンピックは歴史上はじめて選手の男女比がほぼ平等となる(女性比48.8%)大会です! 歴史を振り返ると、初めて女性が参加可能となった1900年のオリンピックに出場した997人のアスリートのうち女性はたった22人(2.2%)でした。     スポーツはグローバル社会を動かし、若者に語りかけます。国境や文化の差異を超えて団結させます。女性や女の子たちにチームワークや、自信と強靭さを持つことの大切さを教え、彼女達の健康や教育、リーダーシップの育成に乗数効果をもたらし、そして有害なジェンダー規範に異議を唱えます。今回の Tokyo2020 オリンピック・パラリンピック大会 を通して、スポーツそして社会全体のジェンダー平等を推進していきましょう!       UN Womenでは Sports for Generation Equality...

平等を目指す全ての世代フォーラムが開催されました

2021年7月5日

ジェンダー平等に向けた動きを前進・加速させるために、前回のメキシコに続き、パリにて開催された 平等を目指す全ての世代 フォーラム(Generation Equality Forum)。約5万人が世界中からオンライン上で参加し、大盛況のフォーラムとなりました。 開会式にて ムランボ=ヌクカUN Women(国連女性機関)事務局長は、総額400億ドルが平等のための変革へ充てられることを発表し、これは女性や少女たちのためだけでなく、全ての人の平等のためと強調しました。 この400億ドルの中には日本政府の公約も含まれています。 また、本フォーラムにはたくさんの各国の首脳や企業のCEO、慈善活動家たちが集い、1,000を超える財政的、政策的なコミットメント(公約)を発表しました。

【採用情報】インターン募集のお知らせ(〆切: 7月17日(土)NY時間)

2021年6月23日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で広報及び資金調達業務補佐を担当するインターンを募集しています(応募締切:2021年8月16日 米国時間 EDT 23:59)。

G7サミットを受けてムランボ=ヌクカUN Women事務局長が声明を発表

2021年6月15日

2021年6月11日~13日に開催された G7コーンウォール・サミットを受けて、ジェンダー平等アドバイザリー評議会(GEAC)とムランボ=ヌクカUN Women事務局長が声明を発表しました。

HeforSheサミットが開催されました

2021年6月9日

日本時間の5月27日(木)23時からHeForSheサミットがオンライン上で開催されました。

【平等を目指す全ての世代】公約プラットフォーム

2021年6月3日

ジェンダー平等に向けた動きを前進・加速させるために6月30日~7月2日にパリで開催される #平等を目指す全ての世代フォーラム (Generation Equality Forum、略してGEF)に向けて「公約プラットフォーム」が完成しました!

【採用情報】パートナーシップ・資金調達専門官募集のお知らせ(〆切:6月2日(水)NY時間)

2021年5月20日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で日本政府をはじめとする公的機関と民間企業の両方のパートナシップ維持と新構築を担当する専門官を募集しています。

【採用情報】広報コンサルタント募集のお知らせ(〆切:4月30日(金)NY時間)

2021年4月22日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で広報業務を担う広報コンサルタントを募集しています。

【採用情報】インターン募集のお知らせ(〆切: 3/14)

2021年3月2日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で広報及び資金調達業務補佐を担当するインターンを募集しています(応募締切:2020年2月16日 米国時間 EDT 23:59)。

【採用情報】広報コンサルタント募集のお知らせ(〆切:9月7日(月)NY時間)

2020年8月26日

UN Women(国連女性機関)では、日本事務所で広報業務を担う広報コンサルタントを募集しています。(応募締切:2020年9月7日)

在宅勤務実施のお知らせ

2020年6月30日

在宅勤務実施のお知らせ

在宅勤務実施のお知らせ

2020年6月30日

在宅勤務実施のお知らせ

UN Women (国連女性機関) によるアンステレオタイプアライアンス日本支部設立

2020年5月19日

UN Women(国連女性機関)日本事務所は、2020年5月15日に発起メンバーである日本アドバタイザ-ズ協会(JAA)と日本経済新聞社(日経)との協力のもと、アンスレテオタイプアライアンス日本支部を立ち上げました。

UN Women (国連女性機関) によるアンステレオタイプアライアンス日本支部設立

2020年5月19日

UN Women(国連女性機関)日本事務所は、2020年5月15日に発起メンバーである日本アドバタイザ-ズ協会(JAA)と日本経済新聞社(日経)との協力のもと、アンスレテオタイプアライアンス日本支部を立ち上げました。

【お知らせ】㈱資生堂ご支援による若者対象のHeForSheジェンダー平等啓発プロジェクトの終了

2020年4月15日

UN Women(国連女性機関)は、2017年から株式会社資生堂様のご支援を得て、高校生・大学生を対象に「若年層のジェンダー平等意識向上のための啓発事業」を実施してまいりました。この度、3年間の実施を経て本事業を終了致しました。

【お知らせ】㈱資生堂ご支援による若者対象のHeForSheジェンダー平等啓発プロジェクトの終了

2020年4月15日

UN Women(国連女性機関)は、2017年から株式会社資生堂様のご支援を得て、高校生・大学生を対象に「若年層のジェンダー平等意識向上のための啓発事業」を実施してまいりました。この度、3年間の実施を経て本事業を終了致しました。

「平等を目指す全ての世代: 女性の権利を考えよう」ロゴ利用規定

2020年3月13日

UN WomenのGeneration Equalityキャンペーンを通じ、その世界を現実のものとしませんか。このキャンペーンを通してジェンダー平等に貢献し、採択当時世界で最も先進的な取組であった北京行動綱領の25周年をともに祝いましょう。   3月9日には形式的な会合が開催され、オープニングステートメントや政治宣言(ドラフト)の採択等は行われますが、 その後は追って通知があるまで休会となります。一般討議は行われず、加盟国・国連関係の全てのサイドイベントはキャンセルされることとなりました。   詳細は以下の通知をご覧ください: https://www.unwomen.org/…/s…/2020/2/announcer-csw64-advisory

「平等を目指す全ての世代: 女性の権利を考えよう」ロゴ利用規定

2020年3月13日

UN WomenのGeneration Equalityキャンペーンを通じ、その世界を現実のものとしませんか。このキャンペーンを通してジェンダー平等に貢献し、採択当時世界で最も先進的な取組であった北京行動綱領の25周年をともに祝いましょう。   3月9日には形式的な会合が開催され、オープニングステートメントや政治宣言(ドラフト)の採択等は行われますが、 その後は追って通知があるまで休会となります。一般討議は行われず、加盟国・国連関係の全てのサイドイベントはキャンセルされることとなりました。   詳細は以下の通知をご覧ください: https://www.unwomen.org/…/s…/2020/2/announcer-csw64-advisory

【CSW64 開催様式変更のお知らせ】

2020年3月3日

新型コロナウイルス(COVIDー19)の影響を考慮し発出された国連事務総長の勧告を受け、 CSW64は大幅に活動内容を縮小して開催することが決定されました。   3月9日には形式的な会合が開催され、オープニングステートメントや政治宣言(ドラフト)の採択等は行われますが、 その後は追って通知があるまで休会となります。一般討議は行われず、加盟国・国連関係の全てのサイドイベントはキャンセルされることとなりました。   詳細は以下の通知をご覧ください: https://www.unwomen.org/…/s…/2020/2/announcer-csw64-advisory

【CSW64 開催様式変更のお知らせ】

2020年3月3日

新型コロナウイルス(COVIDー19)の影響を考慮し発出された国連事務総長の勧告を受け、 CSW64は大幅に活動内容を縮小して開催することが決定されました。   3月9日には形式的な会合が開催され、オープニングステートメントや政治宣言(ドラフト)の採択等は行われますが、 その後は追って通知があるまで休会となります。一般討議は行われず、加盟国・国連関係の全てのサイドイベントはキャンセルされることとなりました。   詳細は以下の通知をご覧ください: https://www.unwomen.org/…/s…/2020/2/announcer-csw64-advisory

1 - 20 から 100 Results