アフガニスタン紛争下における#CeaseFireSeizePeace運動

昨年2020年、アフガニスタン紛争下において命を落とした女性の数は、国連が調査を開始して以来最悪となりました。

日付: 2021年6月22日

 

ジェンダー平等を志向する停戦協定―なぜ重要なのでしょうか?

 

世界的に、女性は長い間紛争危機の最前線に立ち、紛争当事者たちと休戦や停戦へ向けた交渉をリードしてきました。しかし、多くの場合、女性の見解や助言は停戦協定や監視メカニズムの内容からは除外されます。こうした排除は、停戦に関する議には軍事技術の専門的知識を要するという憶測によって引き起こされるものであり、女性の意見は和平プロセスにおいて後回しにされる傾向にあります。

 

アフガニスタンでは、停戦を求めて女性たちが力強いキャンペーンを行っています。20211には、首都カーブルよりおおよそ700人の女性が、そしてアフガニスタンの33州から70-100人の女性たちも集結し、即時の停戦を求めて#ceasefireforepeace(平和のための停戦)キャンペーンを始動しました。アフガニスタンの女性たちはさらに和平会談を進めるための条件としての完全な停戦を求めてオンライン署名活動「アフガニスタンー女性の権利の保護と停戦の要求」を開始しました。

 

昨年2020年、アフガニスタン紛争下において命を落とした女性の数は、国連が調査を開始して以来最悪となりました。

アフガニスタンの人々の安全保障を最優先すべく、我々と共に停戦を求めましょう

CeaseFireSeizePeace(和訳:戦闘を停止し平和を獲得)

 

概要やUNWomen発行のブリーフはこちらからご覧いただけます(英文)。

オンライン署名活動に参加する