シマ・サミ・バホス氏 UN Women事務局長に任命

日付: 2021年9月14日

2021年09月13日 (ニューヨーク 現地時間) 

 

本日、アントニオ・グテーレス国連事務総長は、国連加盟国およびジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関UN Women国連女性機関)の執行理事会との協議をもって、ヨルダンのシマ・サミ・バホス氏をUN Women事務局長に任命することを発表しました。  

  

バホス氏はプムズィレ・ムランボ=ヌクカ氏の後任となります。事務総長はUN Womenを率いたムランボ=ヌクカ氏の献身的な奉仕に深く感謝します。事務総長はまた、紛争下の性的暴力担当国連事務総長特別代表であるプラミラ・パッテン氏に感謝の意を表します。パッテン氏は、バホス氏の就任まで事務局長代行を務めます。

  

女性と女の子、ジェンダー平等、若者のエンパワーメント、質の高い教育、貧困の緩和、包括的ガバナンスの熱心な擁護者であるバホス氏は、草の根、国、地域、国際的なレベルにおける35年以上のリーダーシップの経験と、女性のエンパワーメントと権利の推進、差別と暴力への取り組み、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けた、持続可能な社会経済開発の促進に関する専門知識を持ち合わせています。

  

直近ではバホス氏はニューヨークの国連ヨルダン政府常駐代表を務め、それ以前にはUNDP総裁補兼アラブ局長(2012~2016年)、アラブ連盟事務総長補兼社会開発部(2008~2012年)を歴任しました。

  

彼女はまた、高等メディア評議会議長(2005~2008年)、アブドゥッラー2世国王顧問(2003~2005年)としてヨルダンの2つの大臣職を務め、ロイヤルハシェミット裁判所メディアアドバイザー兼コミュニケーションディレクター(2001~2003年)、フセイン国王財団事務局長代理(2000~2001年)、ヌールアルフセイン財団事務局長(1998~2001年)を歴任しました。さらに、ユニセフに勤めたほか、多くの国連機関や市民社会団体と協働し、ヨルダンのさまざまな大学で開発とコミュニケーション学の教鞭を取りました。

  

バホス氏は米国のインディアナ大学からマスコミュニケーションと開発の博士号、英国のエセックス大学から文学と演劇の修士号、ヨルダン大学から英文学の学士号を取得しており、アラビア語、英語を流暢に話すと共にフランス語に堪能です。

  

本文(英語)はこちら