国際女性デー2023 ジェンダー平等のためのイノベーションとテクノロジー

日付:

 

 

2023年3月8日の国際女性デーのテーマは、「DigitALL: Innovation and technology for gender equality(ジェンダー平等のためのイノベーションとテクノロジー)」です。

 

このテーマは、来たる第67回女性の地位委員会(CSW-67)の優先テーマである「ジェンダー平等とすべての女性・少女のエンパワーメントを達成するためのイノベーションと技術的変化、デジタル時代の教育」と合致しています。

a

 

国連は今年の国際女性デーにおいて、革新的なテクノロジーとデジタル教育の推進を助ける女性と少女を認識し、称えますます。また、経済的・社会的不平等の拡大に伴うデジタル・ジェンダー・ギャップへの影響について探求します。そして、デジタル空間における女性と少女の権利を保護し、オンラインおよび情報通信技術によるジェンダーに基づく暴力に対処することの重要性にスポットライトを当てます。 

 

女性や社会から疎外された人々がテクノロジーによって、より創造的な解決策が生まれ、女性のニーズを満たし、ジェンダー平等を促進するイノベーションの可能性が高まります。UN Women(国連女性機関)の「Gender Snapshot 2022レポート」によると、女性がデジタル世界から排除されたことにより、過去10年間で中低所得国の国内総生産が1兆ドル減少し、このままではその損失は2025年までに1兆5千億ドルにまで増加すると予測されています。これは、オンライン暴力の問題に取り組む必要性も示唆しています。51カ国を対象とした調査では、女性の38%が個人的に暴力を受けた経験があることが明らかになりました。 

 

イノベーション、テクノロジー、デジタル教育へのジェンダーに対応したアプローチは、女性と少女の権利と市民活動に関する意識を向上させることができます。デジタル技術の進歩は、開発および人道的課題に取り組み、そして2030年に見据えたSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための計り知れない機会を提供します。 

 

残念ながら、デジタル革命によってもたらされる機会は、現存するジェンダー不平等のパターンを永続させるリスクもあります。デジタル技術とテクノロジーへのアクセスにおいて、格差の拡大がますます明らかになっており、このデジタル面でのジェンダー分断の結果として、女性が取り残された状態となっています。包括的で変革的なテクノロジーとデジタル教育の必要性は、持続可能な未来にとって極めて重要です。 

 

国連はDigitALL: Innovation and technology for gender equality」をテーマとする国際女性デーにつき、2023年3月8日・水曜日10:00~11:30米国東部時間 (日本時間3月9日・木曜日00:00〜01:30 am) にハイレベルなイベントを開催します。このイベントでは、技術者、発明者、起業家、ジェンダー平等のための活動家たちが集まり、デジタルツールへのアクセス向上のためのすべての関係者の役割を紹介し、ハイレベルなパネルディスカッションや音楽演奏が行われます。 

 

英語の記事こちら👉 

https://www.unwomen.org/en/news-stories/announcement/2022/12/international-womens-day-2023-digitall-innovation-and-technology-for-gender-equality