「何も持たず、壊れた心を抱えて」

日付: 2021年9月14日

虐待から抜け出し、タランゴ女性シェルターでの穏やかで自信に満ち溢れた日々。ニパ・ナーズリーさんに宛てて書いた手紙を通し、ベグム・ファルザナ(仮名)さんは私たちをそんな旅へ連れて行ってくれます